オルビス「ビフィズスEX」の口コミ通販はこちら

[最終更新日]2018/08/14

生きて腸に届くビフィズス菌

腸内環境を整えるために、善玉菌を増やしましょう。
食事や規則正しい生活などで善玉菌優勢になりやすい環境を整えることが大切です。

 

ですが、仕事や家事などでなかなか時間がとれないという方、
手軽に補えるサプリメントのご活用をおススメします。

 

サプリメントもいろいろ種類がありますよね。

 

ビフィズス菌などの善玉菌を直接配合したもの、善玉菌を活性化させるサポート成分を配合しているものなど。

 

ビフィズス菌配合のサプリを選ぶ際には、よく注意しましょう。
菌が生きた状態で腸内に届かなくては意味がありません。

 

腸内に到達するまでには、胃酸や胆汁の刺激に負けずに、届ける必要があります。

 

オルビスの「ビフィズスEX」は、菌の種類にこだわったものです。
生きて腸内に届くビフィズス菌を150億個配合しています

 

生きて届く、だからこそ効果が実感できるというもの。
さらに、悪玉菌の繁殖を抑制してくれるラクトフェリンを30ミリグラム配合。

 

善玉菌を届け、悪玉菌を抑制する二つの働きが期待できますね。
熱や酸に強い乳酸菌も配合されており、しかも腸内で増える性質も。

 

飲みやすい顆粒タイプで、さわやかなヨーグルトパイン味。
水なしでも飲めますので手軽ですね。

 

⇒公式販売ページはこちら

腸内環境とは?

腸内環境が乱れている、腸内環境が整っている、そんな言葉を聞いたことがおありだと思います。

 

腸内環境は、どのようになっているのでしょうか。
私たちの腸には、細菌が常在しています。

 

すべて同じ働きをするわけではなく、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌に分けられます。
善玉菌は、スムーズなお通じや免疫力を高めるなど、体に有用な働きをしてくれる菌のこと。

 

悪玉菌が優勢になると、善玉菌優勢の腸内とは逆に、便秘や下痢が続いたり、肌荒れが起きたりします。

 

それだけではなく、腸内腐敗が進むと、発生した毒素が体中を巡り、さまざまな弊害を引き起こすこともあるのです。

 

便やおならの匂いがきつくなったら要注意ですよ。
口臭や体臭は大丈夫でしょうか?

 

疲れやすくなったり、風邪をひきやすくなったというのも、腸内環境の乱れが元になっているケースもあります。

 

女性であれば気になる肌荒れですが、きちんと手入れしていても、
肌荒れがなかなか改善しないという場合は、腸内が原因かもしれません。

 

こうして、体の表面から内部まで影響を及ぼしかねないのが、腸内環境なのです。

 

とはいえ、目に見えるものではありませんし、何らかのサインに気付いたら、早めに対策を行いたいところですね。

善玉菌を増やす食べ物

腸内の細菌の種類は、約500種類と言われています。

 

体に有用な働きをするものとそうでないものに分けることができ、
体に有用な菌を善玉菌と呼んでいます。

 

逆に健康に悪影響を及ぼしかねない菌は、悪玉菌と呼ばれます。

 

善玉菌の割合を増やしていきたいところですが、現代は悪玉菌の好む環境になりがちなのです。

 

そのひとつが食生活の変化です。
昔から日本人は、野菜や果物、穀類などをバランスよく摂取してきました。

 

さらに、味噌や納豆、漬物など発酵食品もうまく取り入れ、自然に善玉菌をサポートしてきたのです。

 

ところが、食生活は変化し、肉食中心の献立や、甘いものが手軽に食べられるようになりました。

 

こうした偏りのある食事は悪玉菌優勢の腸内を作りがちです。
善玉菌を増やすためには、どのような食品が向いているのでしょうか。

 

乳酸菌を多く含む食べものがおススメです。
ヨーグルトやチーズなどの乳製品、納豆、漬物など発酵食品がこれに当たります。

 

また、食物繊維を多く含む食品も善玉菌の増殖に必要なものです。
野菜や果物を積極的に摂りましょう。

 

オリゴ糖は、ビフィズス菌などの栄養となるもの。
こちらも手軽に摂取できるサプリなどを活用して補っていきたいですね。

サプリメント
ニキビにお勧めのビタミンBサプリをお探しの方

肌を正常に保ちニキビ改善には不可欠なビタミンB群 ある程度の時期が過ぎれば、落ち着いて来る思春期ニキ …

サプリメント
ニキビを予防・解消するサプリはこちら

肌自体にニキビを作らせない!繰り返さない!サプリ 何度も同じ場所に繰り返してできる「大人ニキビ」は、 …

サプリメント
フェイスラインのニキビにお勧めサプリはこちら

メイクで隠せない大人ニキビを根本から改善 大人になってからできる「大人ニキビ」は、成長期のホルモンの …